カレンダー

月別一覧

  1. TOP
  2. フォトレポート
  3. 陸上自衛隊第14飛行隊の訓練を見学【法市ヘリポート】

陸上自衛隊第14飛行隊の訓練を見学【法市ヘリポート】

« 前の記事 | フォトレポート一覧 | 次の記事 »

東みよし町東山の法市に「災害時用ヘリポート」が完成し
陸上自衛隊の訓練もかねて、ヘリの離発着を見学しました。

H1
法市地区は山間部で高齢者も多く、平坦地を結ぶ道路は1本
しかありません。災害時の孤立も懸念されるため、
地域の住民に大きな不安がありました。

そこで山頂付近にある、比較的広い「耕作放棄地」をヘリポートにして
救助に使ってもらおうと、法市自主防災会が整備を計画したものです。
地域の方々が用地を確保し、草刈等をしていましたが、実際にヘリを
離発着させるには様々な地形的条件や準備手続きが必要でした。
最終的に陸上自衛隊のご協力で、ヘリポートを整備できました。

今回、初めて現地にヘリコプターを飛ばし着陸訓練を行います。
その様子を地元の住民の方に見学していただきます。

_mg_9276
訓練に来てくれたのは、陸上自衛隊第14飛行隊のヘリ2機。
平成22年3月に四国で初めて配備された飛行隊で、徳島空港に駐在。
東みよし町までわずか15分で飛行可能だそうです。
写真はUH-1J通称ハンター。13人乗の中型機でタンカだと6名収容可。
東日本大震災にも派遣され、220名余りの方を救出したそうです。

ついでに豆知識を2つ。操縦席上のツノは「ワイヤーカッター」
電線等に衝突した時、ワイヤを切ることで墜落を防ぐ安全装置です。
正面に突き出した2本の棒は「ピトー管」。空気の流れを計る速度計。

実際の訓練の動画をどうぞ。


ヘリコプターの離発着を間近で見るのは初めての方が多く
迫力あるローター音と風圧に驚いていました。

自衛隊の方のお話しでは、このヘリポートは山頂付近で
周囲に障害物がなく、地面も水平かつ固く、埃も舞い上がらないなど
非常に良い場外離発着場だとか。

_mg_9297

災害時でも、すぐに救助に来てくれるヘリポートがあれば安心。
山間部の小さな自主防災会でも、自ら積極的に行動すれば
ヘリポートだって作ることができるんですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/361440/27428763

陸上自衛隊第14飛行隊の訓練を見学【法市ヘリポート】 を参照しているブログ:

PAGETOP